冷え性の人は、腰痛、肩こり、便秘、生理不順などにも悩まされますね。導引術、動功術で気のめぐりを良くしてみませんか。酒風呂もお勧め。

0120-64-6140

冷え

女性に多い冷え性

冬になると手足が冷えて眠れないとか、真夏なのに厚手の下着が手放せないという人がいます。このような方達はいわゆる冷え性と言われる人で、圧倒的に女性に多いようですね。
男性よりも女性のほうが皮下脂肪が多いのに、なぜ冷え性になりやすいのか不思議に思われますが、残念ながら皮下脂肪が単純に断熱材とはならないようです。

冷えは夏に来る?

冷え性の人は、だいたい夏に冷たいものを摂りすぎる傾向があるようです。そのため、秋から冬にかけて体が冷え込んできて、冬の間、冷えが抜けなくなるのですね。
秋が来て寒くなってから、いくら厚着をしたり、部屋の温度を上げたりしても、体の内部が冷えているのだからどうにもならないというわけです。

冷房も大敵

また、夏のオフィスの冷房は、出たり入ったりする人にはうれしいものですが、デスクワークで部屋に閉じ込められる人たちには大敵。体を悪くする人も多いものです。
よく、「夏の間だけ、会社を休職できないかしら」という女性がいますが、その理由は冷房なのですね。
体を冷やしすぎると、夜眠れなかったり、体調を崩しやすくなったり、腰痛や肩こり、手足のしびれ、また、生理不順など女性特有の悩みにつながってしまうことも少なくないようです。

気のめぐりをよくして快適な生活を

皆さんは、体の中の「気」の流れを感じたことがありますか。
「気」の流れがよい状態とは、体全体が暖かく気持ちのいい状態のことです。
反対に、体が冷えたり、手足の先が冷たくてしょうがないときは、体の中の「気」の流れが滞っていると考えられます。
そんなときは、「導引術」で「気」の流れを改善しましょう。導引術は、呼吸法と体の動きを組み合わせた健康法で、全身の「気」の流れを活発にすることによって、体本来の機能を呼びもどし、健康な状態をとり戻そうというものです。
体内の「気」のめぐりをよくすることで、冷えにも負けない体力作りをサポートします。
健康武術である「動功術」も行えば、さらに新陳代謝アップ。快適な健康生活への相乗効果が期待できますね。
是非、皆さんも、気の健康術で、心も体も暖かく、健やかに過ごしませんか。

体験者の声

生き方を変えるのはからだから
今すぐ「気」を学びたい方は


おすすめ気のトレーニング体験イベント

気のトレーニングって何?どんな人たちがいるの?
学院の雰囲気がわかる!
全国の道家道学院・出張指導会場で開催しています。
開催中のイベント一覧はこちら

お問い合わせはお気軽に

0120-64-6140

(老子無為自然 ろうしむいしぜん)

<受付時間> 10:00~19:00