「気」をめぐらせて「気にならない」私になる PHPスペシャル9月号に掲載された、心が軽くなる!不安、不眠、気弱から解放される生き方 強く豊かな自分になれる「気」のトレーニングを日本で唯一指導するタオの学校道家道学院の記事はこちらから

0120-64-6140

「気」をめぐらせて「気にならない」私になる【PHPスペシャル9月号掲載記事】

目標やきっかけはいろいろ

  • 人の目を気にしない人になりたい
  • くよくよしない前向きな性格になりたい
  • 自分らしい自然なコミュニケーション力を身につけたい
  • 物事をすぐ悪い方に考えてしまうのでポジティブになりたい
  • 一人でできる、心とからだのメンテナンス法を身につけたい
  • 健康・ダイエットのために体質を改善したい!

「気」をめぐらせて「気にならない」私になる

人の目が気になる。
自分に自信がなくて、つい立ち止まってしまう。
昨日の失敗をくよくよと考えて、心が空回りし、どこにも進めないような気分になってしまう。

これらはすべて、自分の「気」の持ち方に関わっています。
うまくいかなかったことにとらわれるから、次の一歩が踏み出せないのです。
過去は過去のものとして、「今」を心から楽しめば、「気にならない」自分がすぐ側にいます。

とはいえ、変えることが難しいのが心のあり方です。
霧が晴れるようにスッキリした自分になりたい。
そう感じたら、ぜひ「気」の存在を知ってほしいのです。
「気」は植物や動物、水や空気にも存在するパワーの源で、もちろんあなた自身の中にも、生まれながらにして備わっています。

今から2千年以上前、古代中国の思想家・老子は「気」のエネルギーについて探求し、この世には人智では量れない自然の法則「道(TAO)」があると語りました。

あらゆる生物は自然の大きな流れと共に生きています。

私達も本来の姿に戻れば「道(TAO)」が身近になり、「気」のパワーがからだに満ちてきます。

人目を気にしない自分、柔軟性にあふれ、「失敗してもいいんだ」と無理なく思える自分に戻れるのです。


「気」のトレーニングで本当に自分に出会う

ありのままの自分に戻り、「気」をめぐらせて、元気いっぱいに生きたい。

そう思った時、まず必要なのは「気」のトレーニングです。

古代中国の時代から、老子に共鳴した多くの人々の間で「気」の健康術が行われてきました。

ツボ刺激と呼吸法を合わせ、血液とリンパの流れをよくすることで心身の滞りがほどけ、「気」が活発に働きはじめます。

「気」の健康術を現代人にわかりやすく体系化したのは道家<道>学院の早島天來初代学長で、同校は「気の導引術」「道家 動功術」「洗心術」という3つの気のトレーニングを日本で唯一、指導する学院です。

気の導引術」は呼吸とともにゆったりとからだを動かし、ツボに刺激を与えながら「気」を最大限に活性化。
めぐりがよくなり、自然なダイエットに繋がります。

道家 動功術」は、二人一組で決まった技を掛け合いながら自然な動きを身につける健康武術で、コミュニケーション力が高まります。

洗心術」は心の悩みを相談しながら対話を行い、老子の実践哲学を本格的に学ぶコースです。

この3つを実践することで「気」が活性化。

年齢に関わらず、なにごとにもとらわれない心と、すこやかなからだを自分のものにできるのです。

記事画像

PHPスペシャル2015年9月号

画像をクリックすると内容が表示されますので、 ぜひご覧ください。 道家道学院についてもっと知りたい方は、入学説明会をご予約ください。

受講生募集中!まずは入学説明ページをご覧ください



「めんどくさい」には「気」のパワーが効く!

PHPスペシャル掲載情報一覧はこちら。

9月号掲載コラムはこちら