気の導引術-3つの気のトレーニング


気の導引術

自然なからだを磨くのは「気の導引術」です。 

導引は、5千年前の中国に生まれ、歴史の中で育まれてきた気の健康法です。古代の人々は動物の動作や生態を研究し、その真似をすることで、動物から身を守ることを学びました。

また人間の動きの不自然さに気づき、野生動物の動きを真似ることが人間の健康にもどれほど役立つものであるか、長い年月を積み重ねながら研究してきたのです。そして生まれたのが導引です。

さて、この導引は呼吸とからだの動きを合わせて行うことで、体内の気の流れを改善し、健康的に無為自然に、宇宙の気と一体となって 天地自然の流れに添った生き方をするものです。

単なる健康法ではなく、私たち人間も天地自然と一体になって無為自然に生かされてゆくことが本来の姿であり、そのような生き方をすれば、悩みや苦しみや病気は消えて、明るく楽しく人生を開くことができるという、タオイズムの実践哲学そのものなのです。

誰でも簡単に習得することができ、行っていただくことができます。そして はじめたその日から、 体内の気の巡りがよくなることを体感していただけることでしょう。体内の気の巡りがよくなることによって、気持ちもよくなります。気持ちがよくなると心も軽くなる。

道家道学院ではからだの気の流れを良くすることにより、心の滞りも自然にほどけやすくなると考えます。

心の悩みをからだから改善する、それが「気の導引術」なのです。




気のトレーニングを学ぶ意義

道家動功術




道家道学院で学ぶもの