令和 気を導きて和せしむ


令和ー気を和して元気になる

「令和」の時代

新元号「令和」は、万葉集の歌からの出典ということで、自然を愛し、花をめで、季節の変化を楽しむことのできる、皆が調和した日本の未来を思い描けるすてきな言葉ですね。


気を和して元気になる

「導引者、導気令和、引体令柔」という言葉が、晋(A.D.265~420)の李頥という人が解説をした『荘子』刻意篇にあります。

つまり道家道学院で指導している気のトレーニング(導引術)のルーツである導引とは、気を体内に導いて調和し、体を引いて柔軟にする」という意味で「令和」はまさに気を和する、という意味です。

また、『黄帝内経霊枢』にも「気可令和」という表現があります。
それは鍼灸の補泻について書いてある部分で、これも気を調和するという事なのです。


この李頥の註釈した本は、非常に古い本なので、実際手にとって見ることは出来ないのですが、ちょうど日本道観所蔵の江戸時代の和刻本『郭註 荘子』の頭(上欄)の註釈部分に、その言葉が印刷されているところをみつけました。

「令和」(日本道観所蔵の江戸時代の和刻本『郭註 荘子』より)

気を和して令和を元気に過ごそう

これからの日本をはじめとする先進諸国は高齢化社会を迎えています。

つまり歳を重ねても元気に過ごすことがこれまで以上に大事になるこれから、気を調和する方法を学び、ぜひ元気に生涯現役で過ごしたいですね。

さあ、まず息をふ~っと吐いて、自然の空気を体内に引き入れて、「令和」で更に元気に過ごしましょう。




気とは

老荘思想




道家道学院で学ぶもの